1. 国際社会科学府トップ
  2. 国際社会科学府世界銀行奨学金プログラム 教務補佐員公募【9/16必着】

国際社会科学府世界銀行奨学金プログラム 教務補佐員公募【9/16必着】

職名 教務補佐員
所属 社会科学系事務部
人数 1名
任期 2016年11月1日~2017年3月31日
年度ごとに契約更新の可能性有り
(最長でも2019年8月31日を限度とする。)
※雇用契約の更新の有無については、期間終了30日前までに通知する。
職務内容 国際社会科学府経済学専攻の世界銀行奨学金プログラム(修士課程)の運営事務室でのプログラム運営。
具体的には以下の通り:
 -他の日本人スタッフの依頼に応じて、学生向け掲示物やEメールでの連絡・通知を英語で作成する。
 -プログラムのパンフレットや履修要項などの英語版の英文校閲等。
 -「MPE-PPT Newsletter」という同窓生向け刊行物(年2回発行、数頁)の編集(英文校閲含む)。編集には最近の状況を伝達する記事の執筆、学生への投稿依頼(研修旅行参加報告等)と投稿された記事の英文校閲を含む。
 -同窓生名簿の管理(情報更新等)
勤務時間 週6時間(月~金のいずれか1日の9:00~16:00または10:00~17:00)
(勤務曜日、時間帯については応相談)
時間外勤務あり
休憩時間 12時45分から13時45分
給与 時給
1,295~1,825円
履歴(経験年数)による
待遇 昇給:無  賞与:無  退職手当:無  交通費:有
雇用保険:無  社会保険:無  労災保険:適用
選考方法 書類選考と個別面接により選考(面接のための旅費等は応募者の負担とする)。書類選考合格者を対象とした面接は、2016年9月下旬から10月上旬の間で実する予定。
面接は日本語と英語の両方で行う。
応募資格 (1) 英語力はネイティブと同等の水準であることが望ましい
(2) 日本語能力については、業務遂行上必要となる作文・会話能力の水準があることが望ましい
(3) ワード(Word)、エクセル(Excel)、Eメール・ソフトが使えること。事務室の日本語OS(ウインドウズ系)のパソコンが使えること。
(4) 外国人の場合は、日本での就労が可能な在留資格を有すること
提出書類 (1)履歴書(書式は自由、写真貼付、要捺印、日本語または英語で記載)
(2)外国人の場合は、在留資格を証明する書類 (在留カードの写しもしくは住民票など)
応募締切 2016年9月16日
(必着)受付終了
送付先 〒240-8501 横浜市保土ケ区常盤台79-4
国立大学法人横浜国立大学 
国際社会科学研究院 MPE事務室
応募方法 封筒に「世銀奨学金事務室スタッフ募集書類在中」と必ず明記し、簡易書留にて送付
問合せ先 横浜国立大学国際社会科学研究院 山﨑圭一研究室
メールアドレス:yamazaki-keiichi-zgynu.ac.jp

・提出書類については、選考に係る審査にのみ利用し、本学の規則に基づき適切に管理します。
・提出書類は返却いたしません。

その他の採用情報は、以下のページに掲載しています。


ページの先頭へ