国際社会科学研究院 学術研究助成基金助成金・科学研究費補助金採択状況

2014年度

課題番号
研究種目
研究期間年度
(期間)
研究課題名 研究代表者
25245050
基盤研究(A)
2013-2016
(4年間)
事業継続性と持続可能性を考慮したサプライチェーンに関する実証研究 松井美樹
23330067
基盤研究(B)
2011-2015
(5年間)
功利主義と公共性:「経済」は人々に「幸福」をもたらすか? 有江大介
24330101
基盤研究(B)
2012-2014
(3年間)
経済ショックの波及と為替レート制度の選択:新しい国際産業連関表に基づく実証研究 佐藤清隆
24310192
基盤研究(B)
2012-2014
(3年間)
東アジアにおける介護と育児のダブルケア負担に関するケアレジーム比較分析 相馬直子
26285083
基盤研究(B)
2014-2016
(3年間)
サプライチェーン・リスク・マネジメントと事業継続計画のためのシミュレーション分析 白井宏明
25285137
基盤研究(B)
2013-2015
(3年間)
連環型サステナビリティ会計の構築と展開 八木裕之
26380423
基盤研究(C)
2014-2016
(3年間)
戦後フランスにおける産業構造の転換とヨーロッパ統合の進展 石山幸彦
25380225
基盤研究(C)
2013-2016
(4年間)
国際生産ショック後の東アジア産業システムと企業システムの進化的多様性 植村博恭
24530393
基盤研究(C)
2012-2015
(4年間)
戦後日本の地域における「福祉社会」形成過程の基礎的実証研究 大門正克
25380356
基盤研究(C)
2013-2015
(3年間)
持続する家族の規定要因 大森義明
24530228
基盤研究(C)
2012-2014
(3年間)
インドの小地域住民全数データを参照基準とした途上国地方統計制度の研究 岡部純一
25380226
基盤研究(C)
2013-2016
(4年間)
消費・貯蓄関数のノンパラメトリックバウンド推定 奥村綱雄
24530227
基盤研究(C)
2012-2014
(3年間)
コピュラを用いた生存時間データと順序データの分析手法の開発 小林正人
25380284
基盤研究(C)
2013-2015
(3年間)
貿易政策への支持に個人の行動経済学的特性が与える影響に関する計量実証研究 冨浦英一
24530226
基盤研究(C)
2012-2014
(3年間)
非定常性に関する統計的逐次検定と変化点探索について 永井圭二
24530392
基盤研究(C)
2012-2014
(3年間)
貨幣市場なしで通貨は管理できるか:ソ連計画経済の蹉跌 中村靖
26380390
基盤研究(C)
2014-2016
(3年間)
経済環境の突然の変化が金融市場に与える影響に関する研究 西出勝正
26380422
基盤研究(C)
2014-2017
(4年間)
金融エリートと日本の銀行業の近代化―大蔵省・日本銀行・財閥系銀行― 邉英治
23530237
基盤研究(C)
2011-2014
(4年間)
イギリスにおける自由貿易主義と均衡的国民経済主義との相克 松永友有
26380602
基盤研究(C)
2014-2016
(3年間)
広域環境行政における自然資源マネジメントに資する会計モデルの研究 大森明
23530655
基盤研究(C)
2011-2014
(4年間)
日本的雇用慣行の変動期における職業紹介ビジネスの社会学的研究 小川慎一
25380547
基盤研究(C)
2013-2015
(3年間)
科学知に基づく多角化を可能にする組織能力の構築プロセスに関する研究 河野英子
24530550
基盤研究(C)
2012-2014
(3年間)
産業クラスターにおける管理会計システム導入の研究 高橋賢
26380457
基盤研究(C)
2014-2016
(3年間)
ゲーミング構築による高度情報システム人材育成 田名部元成
26380564
基盤研究(C)
2014-2016
(3年間)
組織構築に基づく強いブランドの開発プロセス 鶴見裕之
25380594
基盤研究(C)
2013-2015
(3年間)
アジア・ネットワーク経営のための子会社管理会計システムの研究 中村博之
24530456
基盤研究(C)
2012-2014
(3年間)
職業教育・訓練の日欧比較研究:エンプロイアビリティとキーコンピテンシー開発の分析 二神枝保
24530551
基盤研究(C)
2012-2014
(3年間)
監査人の重要性判断に関する複合的実証研究 前山政之
25380501
基盤研究(C)
2013-2016
(4年間)
自動車部品メーカーの製品開発マネジメント―顧客適応化と開発効率化の両立― 眞鍋誠司
24530552
基盤研究(C)
2012-2014
(3年間)
海外事業戦略におけるグローバルな事業評価システムの実証研究 溝口周二
26380456
基盤研究(C)
2014-2016
(3年間)
「両利き」組織における経営成果の創出プロセスに関する経時分析 山岡徹
24530412
基盤研究(C)
2012-2014
(3年間)
脱コモディティ化のための戦略・組織・組織間関係の変革に関する研究 山倉健嗣
25380460
基盤研究(C)
2013-2016
(4年間)
企業衰退と企業統治 吉森賢
24530111
基盤研究(C)
2012-2014
(3年間)
知的財産権担保による資金調達の円滑化のための制度的研究 川瀬真
26380028
基盤研究(C)
2014-2016
(3年間)
地域共同体と域外国の租税関係に関する法政策学的研究 川端康之
25380029
基盤研究(C)
2013-2017
(5年間)
司法権・憲法訴訟論の総合構築 君塚正臣
26380076
基盤研究(C)
2014-2016
(3年間)
高齢者医療をめぐる法政策の視座 -アメリカにみる高齢者の尊厳と配分的正義 関ふ佐子
25380100
基盤研究(C)
2013-2016
(4年間)
時間的に制限された差止めの理論的根拠と実際的機能―実体法・手続法からの立体的考察 宮澤俊昭
25380061
基盤研究(C)
2013-2015
(3年間)
グローバル時代の国際法における国際行政法アプローチの今日的意義 柳赫秀
25850159
若手研究(B)
2013-2015
(3年間)
フードデザート問題の解消に向けた都市農業の多面的機能に関する研究 池島祥文
24710045
若手研究(B)
2012-2014
(3年間)
資源・土石・エネルギー・CO2分析用の日中NAMEAの推計と集約型指標の研究 氏川恵次
23730235
若手研究(B)
2013-2014
(2年間)
健康保険制度の短期的・長期的影響の分析 近藤絢子
25780130
若手研究(B)
2013-2015
(3年間)
産業構造の変化と経済成長 藤生源子
26780116
若手研究(B)
2014-2015
(2年間)
有限の期間をもつ多人数サーチ理論におけるサーチ継続時間の分析 無藤望
24730166
若手研究(B)
2013-2014
(2年間)
公的情報の価値に関する研究 安部浩次
24730192
若手研究(B)
2012-2014
(3年間)
債権回収率の実証分析及び債権回収率を考慮した信用リスク理論モデルの構築 伊藤有希
24730341
若手研究(B)
2013-2015
(3年間)
研究開発における探索の範囲とイノベーションの創出:再生医療業界のケース 貴志奈央子
26780248
若手研究(B)
2014-2017
(4年間)
わが国損益計算書における損益項目の表示区分操作に関する研究 木村晃久
24710056
若手研究(B)
2012-2014
(3年間)
グリーンサプライチェーンマネジメント国際展開の推進条件に関する実証研究 孫頴
25870239
若手研究(B)
2013-2016
(4年間)
経営科学におけるロバストな数理計画問題に対する研究 成島康史
24730313
若手研究(B)
2013-2014
(2年間)
組織と個人の心理的契約の相互調整に関する研究 服部泰宏
26780031
若手研究(B)
2014-2016
(3年間)
病気休職過程における法規範と自主規範の関係 石崎由希子
23730154
若手研究(B)
2014-2014
(1年間)
雇用保障重視型の福祉国家再編の比較分析-「言説の政治」からみた日豪比較- 加藤雅俊
26590032
挑戦的萌芽研究
2014-2014
(1年間)
新世界産業連関表の再構築 シュレスタ・ナゲンドラ
24653053
挑戦的萌芽研究
2012-2014
(3年間)
租税思想のアメリカニズムとジャポニズム:南北戦争・地租改正からシャウプ使節団まで 深貝保則
25590236
挑戦的萌芽研究
2013-2015
(3年間)
日本人海外留学生対象の異文化間教育に食の健康教育を導入する試み 髙濵愛
26590022
挑戦的萌芽研究
2014-2015
(2年間)
援助大競争時代における途上国の選択:南南協力はODA後の国際協力枠組になりうるか 小林誉明
研究活動スタート支援 2014-2014
(1年間)
学校選択問題における政策分析:マッチング理論によるアプローチ 熊野太郎
研究成果公開促進費(学術図書) 2014-2014
(1年間)
IMF自由主義政策の形成 西川輝
特別研究員奨励費 2014-2014
(1年間)
イノベーション及び学術研究活動に関わる人的資本の育成についての実証分析 菊地雄太
特別研究員奨励費 2014-2014
(1年間)
日本における現代的な財政調整制度の形成過程分析 山口隆太郎


ページの先頭へ