租税法・会計EP - カリキュラム - 横浜国立大学 大学院・国際社会科学府

租税法・会計EP

租税法・会計EPでは、理論と実務の実質的な統合、実務の理論への貢献、成果の社会還元につながる教育を行います。学生は会計学と租税法学のいずれかに軸足を置きながら両者の関係について理論と実務の双方からアプローチします。講義内容は、租税法と企業会計の理論レベルでの相互関係、租税法学の方法としての会計思考、情報科学としての会計学の方法での租税法学的思考の妥当性の研究、企業行動の実需・実務と租税法理論・企業会計理論の緊張関係の分析と成果の社会還元などです。

ページの先頭へ